J3構想が14年にスタート方針か

J3構想が、本当に14年からスタートする方針のようですね。
J3が始まると、経営の方が大変だろうな~と思います。

今のJ2を見ていても、お客さんがホームなのに
ガラガラっていうクラブが多いですからね。

J2でもしっかりとお客さんが入るのはわずかなクラブですが、
J3になると、本当に大変だと思います。

でも、こういう下部組織が出来ることで、
選手は就職先が増えるし、良い機会になるのかもしれませんね。

選手にとっては、モチベーションが上がるかもしれません。
ただ、本当に経営が心配!

J2で成功しているクラブと言えばやっぱり私は松本山雅を思い出します。
故松田直樹の最後の所属したクラブっていうのもありますが、
やっぱりあのサポーターはすごいですね!

赤がレッズなら、緑は松本山雅!
あのサポ数はJ2だとは思えないですね。

しかも松本山雅は一度もJ1経験がないようなチームですし、
そういうチームにあれほど多くのサポーターがつくっていうのは、
本当に異例中の異例だと思いました。

やっぱりサポーターの力はすごいと思います。
反町監督の手腕も良いのでしょうが、あれだけ熱狂的なサポーターがいるんだから、
選手は幸せだろうな~と思いますね。

松田もきっと今の松本山雅を喜んでいると思います。

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す