サッカー日本代表 残念だったブルガリア戦

ブルガリア戦の日本代表は不甲斐なかったですね。
本当にワールドカップ予選をこのまま順調に勝てるのか、
すごく不安になってきました。

川島もいきなりミスをしてしまうし。
あーなってしまうと、どうしても点を取らないといけなくなってしまうので、
前がかりになってしまうので、カウンターとかも食らいやすいんですよね。

でも、ブルガリア戦の場合は、完全に崩されて失点したというよりも、
本当に日本側のミスで自滅したっていう感じの失点ばっかりで、
ちょっと見ていてがっかりでしたね。

あんなミスを繰り返しているうちに、2-0なんていう
取り返しのつかない差になってしまいました。
おまけに得点が全く入らないし。

オフサイドは2回ありましたが、
あれは本当にオフサイドだったので、仕方ないと思います。

ブルガリアのラインコントロールは、素晴らしかったな~と思いました。
ブルガリアが手を抜かないで、しっかりと相手をしてくれたので、
日本は慢心がここで全て払い落とせたと思いたいです。

最近は負け癖がついてしまっているので、本当に嫌だな~と思いました。
この負け癖って、本田がいる時には全然なかったのにね。

やっぱりそれは、本田がすごく勝ちたいっていう強いメンタルを持っていたから、
メンバー全員が引き締まっていたのかな。

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す